CANA1W37_02.jpg
生物学論文紹介同人サークル「ハイアイアイ臨海実験所」です。
ここでは、気になった学術論文を紹介したり、同人活動を告知したりします。

2013年03月25日

【論文】フジツボ類とアッキガイ類の競争的進化

沼です。
前回の記事に引き続き、蔓脚類(広義のフジツボ類)の防御戦略に関わる論文の紹介です。

Predation and parallel evolution: recurrent parietal plate reduction in balanomorph barnacles.
Palmer, 1982.
Paleobiology, Vol.8(1), 31-44.
PDFこちら

論文タイトルは、「捕食と平行進化:フジツボ亜目で周殻の減少が繰り返し起きた」という感じ。
巻貝類がどのようにしてフジツボを捕食するか、フジツボはどのような防御戦略で捕食に対抗しているか。
結論として、フジツボと巻貝の間で競争的な進化が起きているのではないか。
そんな話です。


続きを読む
posted by 沼 at 19:43| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ナゾベー子、発見される

先日、博物系Tシャツを製作されているパイライトスマイルさんと、荒川へフジツボ狩りに行きました。

IMGP1981s.jpg
ぜんぶタテジマフジツボ類

この辺りは、むきだしの基質にフジツボが付着していることが少なく、あまりいい場所でなかったので、
今度(が あれば)は、もうちょっと場所を検討します。


その後、パイライトスマイル店長の小毬かのんさんより、当実験所のナゾベー子(現地研究員)の写真が届きました。

nazobeko.jpg

アッ、これは正統ハイアイアイ流とりもち術ですね・・・

一体どうやってナゾベー子を見つけたのか分かりませんが、
写真をご提供いただきありがとうございました。

パイライトスマイルさんのウミサソリTシャツはいいですゾ〜

鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー) [新書] / ハラルト シュテュンプケ (著); Harard Stumpke (原著); 日高 敏隆, 羽田 節子 (翻訳); 平凡社 (刊)
posted by 沼 at 20:07| Comment(2) | ナゾベー子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする