CANA1W37_02.jpg
生物学論文紹介同人サークル「ハイアイアイ臨海実験所」です。
ここでは、気になった学術論文を紹介したり、同人活動を告知したりします。

2016年10月08日

【復活】ハナアルキTシャツ&ジャージ【鼻行類】

2009年のコミケデビュー以来好評をいただいているダンボハナアルキTシャツですが、2年ほど前の売り切れ以降、ちょこちょこと再販のお問い合わせをいただくようになりました。そこでハイアイアイ臨海実験所活動再開の今年、ひさしぶりにダンボハナアルキTシャツを再生産しました!
20161008_dambo.jpg

ちなみに、この骨格イラストは原著からのコピーではなく、骨スケッチの練習のために亀藤がD2くらいのときに描き起こしたもので、オリジナルより耳骨がやや大きめに描かれています。このダンボハナアルキについては亀藤が個人的に作成したジャージがあるのですが、「欲しい!」という声をいただいたため今回はこちらのジャージも作成しました。
20161104_jaji.jpg
こちらは在庫が少なくなっております!

少なくなってきましたがランモドキTシャツもまだいくつか在庫がございます。

20161008_ranB.jpg

20161008_ranW.jpg

そして、ちょうど今、全部売れてしまって在庫の無かった比類なき博物系Tシャツブランドパイライトスマイルさんとのコラボ作品「ナゾベームTシャツ」についても再販の声を受けて再生産中です!
20161103_nasobema.jpg
今回はカラーを変えてライトブルー(ネイビープリント)とカーディナルレッド(イエロープリント)で作成しています。今月中にはお届けできると思います。

ちなみに、こちらの手乗りナゾベームはヒメナゾベームで、その原記載の学名 Stella matutina(日本語で「明けの明星」)から体に鹿の子模様を入れています。たとえば matutinaを種小名として持つ生き物の例として、
ランの一種では http://bit.ly/14yeUPY こんな感じ、
オナガバチの一種では http://bit.ly/16VUPDm こんな感じ。

また、原著には
「ヒメナゾベーム属(Stella)を最初に設定したのはブロメアンテであった。その後ストゥルテンはStella matutinaをNazobema morgensterniiとしてナゾベーム属に入れた。事実、この両属の差はごくわずかで、尾を伸ばすメカニズムが違うだけである。モルゲンシュテルンヒメナゾベームでは、このメカニズムが本来あまり分化していないが、おそらくこれはStella matutinaが地上からあまり高くないところに実る漿果類だけを食べていることと関係があるのだろう。」

と記述があることから、小型の手乗りサイズであるだろう、そして漿果類(ベリーなど)だけを食すということでイチゴをあしらっています。

価格はいずれも送料込みでTシャツ1枚3500円、ジャージ1枚6500円とさせていただいております。Tシャツ、ジャージ問わず、2枚お買い上げいただければ1000円引き、3枚お買い上げいただければ2000円引き、4枚お買い上げで3000円引き…としようと思います!

さらに数量限定ですが、2枚以上お買い上げいただくとオマケでベルト付きハナアルキ野帳も付けます!

IMG_20160810_222504.jpg

各色S/M/Lサイズとございます。ダークチョコランモドキのみXLがございます。通販ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご希望のサイズとカラー、送付先のご住所をメールにて hiiay.kamefuji@gmail.com までお知らせくださいませ。在庫の有無と代金のお支払方法について亀藤から返信いたします!よろしくお願いします!
posted by 亀藤 at 22:36| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: