CANA1W37_02.jpg
生物学論文紹介同人サークル「ハイアイアイ臨海実験所」です。
ここでは、気になった学術論文を紹介したり、同人活動を告知したりします。

2016年12月23日

【宣伝】コミックマーケット91告知【12/31 東Q40a】

夏コミに続いてコミックマーケット参戦です!

今回で斜め読み生物学論文紹介集「斜論」も9号を数えることになりました!
coverVol9.jpg
9号の表紙は2004年に Russian Journal of Marine Biology誌で新種記載された鼻行類 Dendronasus
裏表紙はカツオドリです!

そんな新刊のトピックスは以下の4本です!

・ディメトロドンの夜(単弓類の夜行性について)
・Mare Monstorum〜怪物たちの海〜(モササウルス類の総合的進化史)
・カンブリア充爆発しろ(カンブリア爆発の最近の研究のまとめ)
・Animal Tool Use: 動物の道具利用

今回もコピー本ではなくオフセット本、一部1100円での頒布となります!(高い!でもキレイ!)
ロコウさんによるナゾベー子漫画もつきます。
試し読みはこちら

毎度おなじみ鼻行類Tシャツ・ジャージも参戦です!
通常価格3500円(ジャージ6500円)とさせていただいておりますが、有明出張価格として斜論とセットで通常価格での頒布といたします!
dambo3_1280.jpg
『ダンボハナアルキ骨格』Tシャツ&ジャージ!

ranmodoki3_1280.jpg
『ランモドキ』Tシャツ!

nasobema3_1280.jpg
そして比類なき博物系Tシャツブランド『パイライトスマイル』さんとのコラボで大変好評をいただき、あっという間に売り切れてしまった『手乗りナゾベーム』Tシャツ!NEWカラーで復活です!

そしてさらにさらに…
手乗りナゾベーム3.jpg
謎の新メンバーによる『手乗りナゾベーム』あみぐるみ!!!
こちらのあみぐるみはガチ手芸生産品のため、当日までに何個用意できるかわかりません!

斜論・Tシャツ・あみぐるみなどなどまとめてお買い上げいただいた方にはオマケのハイアイアイ臨海実験所特製野帳も!
IMG_20160810_222504.jpg


以上のラインナップで、ハイアイアイ臨海実験所有明出張所【東Q40a】にてお待ちしております!

posted by 亀藤 at 20:00| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

いらすとやのナゾベームイラストについて

ハイアイアイ臨海実験所の職員としていらすとやに突如登場したナゾベームイラストについて触れなければなりますまい。
fantasy_nasobema.png
http://www.irasutoya.com/2016/11/blog-post_1.html
『ドイツの詩人クリスティアン・モルゲンシュテルンの作品「ナゾベーム」に登場する鼻行類と呼ばれる架空の生物のイラストです。』

ナゾベームとは、Naso-はギリシャ語の「nasus: 鼻」に、-bemaはラテン語の「歩く」に由来する学名で、原著ドイツ語版及び思索社版『鼻行類』の表紙を飾った例の4本鼻の動物の属名Nasobemaのことです。

記載文について
『ドイツの博物学者ハラルト・シュティンプケの著作「鼻行類」に登場するナゾベームと呼ばれる生物のイラストです。』
とせず、何故わざわざモルゲンシュテルンの「絞首台の歌」(Morgenstern, 1905)からの引用とするのかはいいとして、イラストそのものの評価をしていきましょう。こちらのイラストは鼻が4本見えることから四鼻類であることがわかります。鼻行類原著によれば、記載されている四鼻類は
ナゾベーム科6種
オニハナアルキ科1種の計7種だとされています。
原著では記載の欠けているものが多く、ナゾベームとオニハナアルキのみイラストを含めた記載があります。今回のいらすとやによるイラストは耳の形からもオニハナアルキ科ではなくナゾベーム科と思われるのですが、ナゾベームにしては尾と手が短いといった特徴があります。原著ではナゾベームは親子連れで餌を食べているシーンの描写があるのですが、こちらの幼獣は手も尾も短く描かれているため、おそらくこちらの幼獣をモデルにしたイラストであると考えられます。

ちなみに、ヒメナゾベーム Nasobema morgenshternii は種小名がドイツの詩人 クリスティアン・モルゲンシュテルンに献名されたものと考えられます。この学名の由来に関しては以下のエントリに簡単にまとめています。
http://hiiaymbl.seesaa.net/article/379884972.html

そして、ちょうど今、全部売れてしまって在庫の無かった比類なき博物系Tシャツブランドパイライトスマイルさんとのコラボ作品「ナゾベームTシャツ」についても再販の声を受けて再生産を開始したところだったのです。今月中にはお届けできると思います。
20161103_nasobema.jpg
ちなみに、こちらの手乗りナゾベームはヒメナゾベームで、その原記載の学名 Stella matutina(日本語で「明けの明星」)から体に鹿の子模様を入れています。たとえば matutinaを種小名として持つ生き物の例として、
ランの一種では http://bit.ly/14yeUPY こんな感じ、
オナガバチの一種では http://bit.ly/16VUPDm こんな感じ。

また、原著には
「ヒメナゾベーム属(Stella)を最初に設定したのはブロメアンテであった。その後ストゥルテンはStella matutinaをNazobema morgensterniiとしてナゾベーム属に入れた。事実、この両属の差はごくわずかで、尾を伸ばすメカニズムが違うだけである。モルゲンシュテルンヒメナゾベームでは、このメカニズムが本来あまり分化していないが、おそらくこれはStella matutinaが地上からあまり高くないところに実る漿果類だけを食べていることと関係があるのだろう。」

とあることから、小型の手乗りサイズであるだろう、そして漿果類(ベリーなど)だけを食すということからイチゴをあしらっています。

今回はカラーを変えてライトブルー(ネイビープリント)とカーディナルレッド(イエロープリント)で作成しています。完成したら改めてご案内いたします。よろしくお願いします。
posted by 亀藤 at 12:43| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

【復活】ハナアルキTシャツ&ジャージ【鼻行類】

2009年のコミケデビュー以来好評をいただいているダンボハナアルキTシャツですが、2年ほど前の売り切れ以降、ちょこちょこと再販のお問い合わせをいただくようになりました。そこでハイアイアイ臨海実験所活動再開の今年、ひさしぶりにダンボハナアルキTシャツを再生産しました!
20161008_dambo.jpg

ちなみに、この骨格イラストは原著からのコピーではなく、骨スケッチの練習のために亀藤がD2くらいのときに描き起こしたもので、オリジナルより耳骨がやや大きめに描かれています。このダンボハナアルキについては亀藤が個人的に作成したジャージがあるのですが、「欲しい!」という声をいただいたため今回はこちらのジャージも作成しました。
20161104_jaji.jpg
こちらは在庫が少なくなっております!

少なくなってきましたがランモドキTシャツもまだいくつか在庫がございます。

20161008_ranB.jpg

20161008_ranW.jpg

そして、ちょうど今、全部売れてしまって在庫の無かった比類なき博物系Tシャツブランドパイライトスマイルさんとのコラボ作品「ナゾベームTシャツ」についても再販の声を受けて再生産中です!
20161103_nasobema.jpg
今回はカラーを変えてライトブルー(ネイビープリント)とカーディナルレッド(イエロープリント)で作成しています。今月中にはお届けできると思います。

ちなみに、こちらの手乗りナゾベームはヒメナゾベームで、その原記載の学名 Stella matutina(日本語で「明けの明星」)から体に鹿の子模様を入れています。たとえば matutinaを種小名として持つ生き物の例として、
ランの一種では http://bit.ly/14yeUPY こんな感じ、
オナガバチの一種では http://bit.ly/16VUPDm こんな感じ。

また、原著には
「ヒメナゾベーム属(Stella)を最初に設定したのはブロメアンテであった。その後ストゥルテンはStella matutinaをNazobema morgensterniiとしてナゾベーム属に入れた。事実、この両属の差はごくわずかで、尾を伸ばすメカニズムが違うだけである。モルゲンシュテルンヒメナゾベームでは、このメカニズムが本来あまり分化していないが、おそらくこれはStella matutinaが地上からあまり高くないところに実る漿果類だけを食べていることと関係があるのだろう。」

と記述があることから、小型の手乗りサイズであるだろう、そして漿果類(ベリーなど)だけを食すということでイチゴをあしらっています。

価格はいずれも送料込みでTシャツ1枚3500円、ジャージ1枚6500円とさせていただいております。Tシャツ、ジャージ問わず、2枚お買い上げいただければ1000円引き、3枚お買い上げいただければ2000円引き、4枚お買い上げで3000円引き…としようと思います!

さらに数量限定ですが、2枚以上お買い上げいただくとオマケでベルト付きハナアルキ野帳も付けます!

IMG_20160810_222504.jpg

各色S/M/Lサイズとございます。ダークチョコランモドキのみXLがございます。通販ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご希望のサイズとカラー、送付先のご住所をメールにて hiiay.kamefuji@gmail.com までお知らせくださいませ。在庫の有無と代金のお支払方法について亀藤から返信いたします!よろしくお願いします!
posted by 亀藤 at 22:36| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

【宣伝】コミックマーケット90告知【8/14 東メ20-a】

ひさびさにコミケに「ハイアイアイ」復活します。

新刊「斜論8号」のトピックスはこんな感じです。

フクロムシの進化(斜論1号より再録)
ヒメヤドリエビの系統学
・いかにしてブンブクウニ類は深海に進出したか?(斜論2号より再録)
・草と鯨と馬と氷冠 -珪藻を巡る冒険-
・カメの祖先は陸棲か、水棲か、地中棲か?
・ナゾベー子の漫画(作・ロコウさん
表紙ブログ用.jpg

これまでコピー本でしたが、今回からはオフセット本です。
一部フルカラーで98ページ、一冊1300円でお願いします!(高い!でも!厚い!)
試し読みはこちら

なお、今回は既刊の頒布はありませんので、ご了承ください。

他、ランモドキTシャツ(通常価格送料込み3500円)も有明出張価格で頒布いたします。
ranmodokiA.jpg

さらに、今回はTシャツとセットでお買い上げいただいた際のオマケのハナアルキ野帳も用意しました。
IMG_20160810_222504.jpg

LEVEL BOOK版(赤)とSKETCH BOOK版(紺)がございます。生物学論文紹介サークルなので先人の偉業に敬意を示すべく『Standing on the Shoulders og Giants』(巨人の肩の上に立つ)をロゴに入れています。
IMG_20160810_222621.jpg

しっかりしたゴムバンド付きなので、ポケットやカバンの中でページがクシャクシャになることもありません!
IMG_20160810_222705.jpg

これで過酷なフィールド調査もバッチリですね!オマケのハナアルキ野帳は数量限定ですが、ランモドキTシャツともどもよろしくお願いします!

ハイアイアイ臨海実験所(8/14 東メ20-a)でお待ちしております!
posted by 沼 at 04:23| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

【鼻行類】新作ハナアルキTシャツ【ランモドキ】

亀藤です。

ナゾベームTシャツを作ったのはもう2年前になるのですね…。そういえばしばらくTシャツ作ってないなと思い、ひさしぶりに新作ハナアルキTシャツを作成しました。ダンボハナアルキ→ナゾベームときたので今回はまた単鼻類に戻ってランモドキです。ランモドキは平凡社の復刻文庫版鼻行類の表紙を飾っているカラフルな鼻行類です。

bikouri.jpg

このランモドキを今回はトライバル柄に描き起こしました。オリジナルよりやや耳とトサカが大きくなっております。
20151127_ranmodoki.jpg

鼻行類原著によればこのランモドキはランに擬態しているのですが、胸のところの分泌腺から花の匂いのする液体を分泌し、それを手ですくって鼻に塗って虫を待ちます。その匂いに惹かれてやってきた昆虫をサっと捕獲し食べるそうです。今回はこのランモドキの周囲に擬態しているランもデザインしています。
RanmodokiC.jpg

↓モデルは身長153cm、Sサイズを着用しています。
ranmodokiA.jpg

背面には例によってダンボハナアルキ骨格図のマークをプリントしています。
ranmodokiD.jpg

ダンボハナアルキTシャツのときにはただの○マークだったのですが、これだと臨海実験所感がないよなぁ、ということで舵のラダーマークにレベルアップしています。これでちょっとだけ海っぽくなりました。
ranmodokiB.jpg

色はナチュラルベースとダークチョコレートベースの2色展開、どちらもピンクでプリントしています。手触りがけっこうサラっとしていて着やすいボディを使用しています。今回のランモドキTシャツは各サイズ送料込で1枚3500円、2枚で6000円とさせていただいています。気に入ってくださった方はお早めにご連絡ください。各色SMLサイズ、ダークチョコだけXLサイズを作成しています。

通販ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご希望のサイズとカラー、送付先のご住所をメールにて hiiay.kamefuji@gmail.com までお知らせくださいませ。在庫の有無と代金のお支払方法について亀藤から返信します!
posted by 亀藤 at 01:35| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

鼻行類Tシャツ通販について

大晦日のC85にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
おかげさまで新刊&新作コラボTシャツともに大好評で、沼ともども大変嬉しく思っています。

新刊については完売してしまい、沼がただいま全力で増刷中だと思うのですが、Tシャツについてはまだいくらかの在庫がございます(在庫を超える注文が来ても増産予定ですのでガンガンご注文ください)。

ナゾベーム_表.jpgフジツボモドキ_裏.jpg

nasobema-y.jpg

nasobema-p.jpg

nasobema-r.jpg


新作ナゾベームTシャツ
ライトイエロー S, XLサイズ、 【M・L増産中!】
ライトピンク 【S, M, L増産中!】
ラグラン Sサイズ

新作ダンボ2.jpg
旧作ダンボハナアルキTシャツ(S, M, L, XL)
いずれも送料込で3500円とさせていただいております。

通販ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご希望のサイズとカラー、送付先のご住所をメールにて hiiay.kamefuji@gmail.com までお知らせくださいませ。ライトピンク・ラグランはともにSサイズのみの在庫となっておりますが、時間がかかってもよろしければ増産可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
posted by 亀藤 at 22:33| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

コミックマーケット85報告&「斜論」通販案内

コミックマーケット85
新刊「生物学論文紹介集 斜論 Vol.7」完売いたしました。
ブースにお越しの皆様には心より感謝申し上げます。
本年は所長多忙のため、ブログ記事が主な活動になると思います。よろしくお願い申し上げます。

IMGP2320.jpg

ブース内の様子。
本7種類&Tシャツで、だいぶ窮屈になってきました。
陳列の仕方を工夫しなければいけませんね・・・

続いて、「生物学論文紹介集 斜論」の通販についてご案内いたします。
現在、以下の7種類を取り扱っております。
全てフルカラーのコピー誌、ページ数は60-80ページ程度です。
内容は、(基本的に)査読済みの学術論文をゆるく真面目にレビューしたものです。
難易度は高校生くらいです。

既刊紹介.jpg

Vol.1の試し読みはこちら
Vol.3の試し読みはこちら
Vol.6の試し読みはこちら
Vol.7の試し読みはこちら

通販希望の方は、まず、メールで沼宛(hi_iay_mbl☆yahoo.co.jp)にお問い合わせください(☆を@に変えてください)。ご連絡いただきましたら、通販の手続きについて返信いたします。
現在、Vol.7だけ品切れですが、10日ほどで準備いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

なお、鼻行類Tシャツの通販についてはかめふじ宛(hiiay.kamefuji☆gmail.com
)でお願いします。
Tシャツの通販の詳細については、別途、かめふじ氏よりアナウンスがあります。
よろしくお願い申し上げます。
posted by 沼 at 16:41| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

【宣伝】コミックマーケット85直前告知

来週はコミケですよ〜
ハイアイアイ臨海実験所では新刊「斜論7号」の準備を進めています。

「斜論7号」のトピックスはこんな感じです。
カブトエビ類のさまざまな生殖戦略
K-T大量絶滅と被子植物の進化の関係
・異なる大型肉食恐竜が共存する条件
バナジウムホヤを巡る壮大な物語
・シロアリの巣に寄生する糸状菌類の擬態戦略

・ナゾべー子の漫画(作:ロコウさん
フルカラーB5のコピー本で、一冊500円です。
試し読みはこちら

当日は既刊も多めに持っていきます。
既刊の内容はこんな感じ↓です。ウィルスから恐竜までいろいろあります。

ハイアイアイ臨海実験所s.jpg

Vol.1の試し読みはこちら
Vol.3の試し読みはこちら
Vol.6の試し読みはこちら

すてきなTシャツも売られるので、
ハイアイアイ臨海実験所(12/31 西ふ09-b)にぜひお越しください。
posted by 沼 at 01:04| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

【新作】ナゾベームTシャツ登場!

以前お知らせした比類なき博物系Tシャツブランドパイライトスマイルさんとのコラボ『ヒメナゾベームTシャツ』がついに完成です!

nasobema-y.jpg

ライトイエローベースにブラウンのヒメナゾベームがかわいいですね! ライトイエロー(S, M, L, XL)


nasobema-p.jpg

コミケ会場限定でピンクカラーバージョンも小数制作しています! ライトピンク(S, M, L)


nasobema-r.jpg

同じく会場限定でラグランTシャツバージョンも小数生産!寒い冬には袖のあるインナーが嬉しいですね!! ラグラン(S, M)


というわけでハイアイアイ臨海実験所久しぶりの新作ハナアルキTシャツをよろしくお願いします!

P.S. ダンボハナアルキTシャツもわずかながら在庫がございます!こちらもよろしくお願いします!
新作ダンボ2.jpg

posted by 亀藤 at 17:48| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

【宣伝】コミックマーケット85

2013年12月31日開催の、コミックマーケット85(3日目)に「ハイアイアイ臨海実験所」参加いたします。
ブースは西ふ-09bです。
頒布物は、新刊の「斜論 生物学論文紹介集 Vol.7」(鋭意製作中、内容についてはのちほどアナウンスします)、
これまでの斜論の既刊(Vol.1〜6)、
ダンボハナアルキ骨格Tシャツです。

斜論Vol.1の試し読みはこちら
Vol.3の試し読みはこちら
Vol.6の試し読みはこちら

斜論を読んで、サイエンティフィックな新年を迎えましょう。
posted by 沼 at 11:28| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする