CANA1W37_02.jpg
生物学論文紹介同人サークル「ハイアイアイ臨海実験所」です。
ここでは、気になった学術論文を紹介したり、同人活動を告知したりします。

2015年10月10日

【論文】ヒグマの垢擦り

かめふじです。珍しく研究者以外のカタギな方々と飲む機会があり、自分の研究内容やら最近読んだ論文の内容やらをざっくりしゃべったところ、研究者でもなんでもない方々にも非常に楽しんでいただけて、あぁ俺がやってることも読んでるものもそれなりにみんなの興味をひく面白いものなんだなぁ、別に研究者ばかりが面白いと思ってるわけでもないんだなぁというとても新鮮な気持ちになったので、超ひさしぶりに論文紹介します。

本日紹介する論文はコチラ、
Tool-use in the brown bear (Ursus arctos)
Deecke VB (2012)
Animal Cognition, 15(4), 725-730.

ヒグマの垢擦り

人間が人間たるゆえんと言いますか、我々ホモサピが他の動物とどう違うのかを考えてみますと、様々な目的のために様々な道具を利用するところが挙げられるかと思います。一方で、それがホモサピのみに許された特殊能力か、と言われると実はそうでもありません。特に霊長の仲間なんかは木の枝でシロアリ釣ったりなんなりと道具利用をしますし、本邦のニホンザルからは海水で砂を落とすためにイモを洗うという道具利用が報告されました。

一方で霊長類以外の哺乳類で道具利用となりますと、この論文によればこれまで4例しか報告されていないということでした。まず挙げられるのがラッコです。石を持ってお腹の上に乗せた貝やらウニやらを叩き割って食べるあのシーンは多くの方が動物番組の類でご覧になったこともあるでしょう。次に挙げられるのがゾウです。ゾウは鼻を使って木の枝を器用に振り回して周囲をブンブン飛びまわるハエやらナニやら雑多な虫どもを追い払います。ここから少しマイナーな行動になりますが、オーストラリア西海岸側のミナミハンドウイルカ個体群は、ベントスなど海底の餌をゴソゴソ探すときに海綿(カイメン)をくわえて採餌するそうです。これは海底に潜むエイの毒針から口を守るためにそのような行動をとっているとされています。最後の例はザトウクジラです。どこのザトウクジラもやるというわけではないようですが、どこぞの個体群は口から泡を吐いてカーテン状にして、餌である魚の群れを一つにまとめて一気にバクンと食べるという行動をとります。この行動はbabble net feedingと呼ばれており、僕も何回かテレビで観たことがあります(残念ながら日本にはザトウクジラは子育てのために来ているので、babble net feedingは見られません)。

そして今回の論文では霊長以外の哺乳類で5例目となる道具利用を報告しています。
barnaclebear.jpg
ヒグマの垢擦り行動です。アラスカあたりにザトウクジラの漂着死体があったそうで、そのヒグマは美味しくクジラをいただいていたそうです。で、しばらく観察を続けていると川に入ってなにやらゴソゴソしていると、両手で手頃な石を持ちあげました。そのまま観察していると…なにやら顔についたクジラの脂を落としているようだ。望遠で写真を撮っているのですが、よく見るとこの石にはフジツボが付着している(Balanus sp.)。
e.jpg
フジツボのザラザラでクジラの脂を落とす、まさにフジツボ付き石を軽石として使って垢落としをしているではないか、という内容でした。ここではBalanus sp.としているけど、川っぽいから淡水耐性の強いAmphibalanusかFistulobalanusかな?

フジツボ付きの石はさすがにギザギザすぎるのでやりませんが、僕も学部の頃にバイクで離島を回って野宿してたときには海辺でちょうどいいギザギザ具合の六方サンゴを拾って軽石代わりに垢を落としたものです。強烈な日差しの中で数日シャワーを浴びずにサンゴで体をこすると垢が見事に貯まってなかなか面白い、とか言うとまた引かれるのでこの辺にしておきます(ここ10年くらいは野宿してません(たぶん
posted by 亀藤 at 11:50| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

【論文】空飛ぶクラゲマシーン

亀藤です。日本ではSTAP細胞のスッポンがどうしたと大騒ぎのようですが、ハイダダイフィ島では特にそのようなニュースは流れていないためハイアイアイ臨海実験所は本日も通常営業、今日紹介する論文はコチラ、

Stable hovering of a jellyfish-like flying machine
Ristroph & Childress, 2014
Journal of the Royal Society Interface, 11, 20130992


空飛ぶクラゲマシーン。

ライト兄弟以来人類の飛行機開発は様々な発展を遂げ現在に至るわけですが、モノを飛ばそうとするときにモデルとなるのは鳥だったり虫だったりします。我々が最も身近でお世話になっている大型航空機のアレはおそらく海鳥や猛禽類的な揚力をモデルに発展してきたものですし(たぶん)、羽ばたき型飛行機などは昆虫やらハチドリやらをモデルにしたものだと言えそうです。一方で、これらの技術で解決困難なのが空中での停止、ヘリコプターのようなホバリングです。自然界をモデルに是非このホバリングを実現したい、と思ったのかどうかよくわかりませんが、空中でクラゲっぽく体勢を維持できたらスゴいんじゃね?ということでこの研究者たちはクラゲ型飛行機を開発しました。

というわけで図を…と思ったらyoutubeでクラゲ型飛行物体の動画が公開されておりました。


論文の図にはないのですが、バランスをとるためか下にハリガネのようなものが垂れています。確かにクラゲっぽい動きのような気がしないでもありません。動画では羽ばたきの様子が見えますが、実際には一秒当たり20回近い羽ばたきをしているようです。このクラゲ飛行物体は、外部からのコントロールを必要とせず自律的にホバリングがキープできるということで技術的にはなかなかすごいものだそうです。

クラゲもそうなんだけど、なんかどこかで見た動きだよなー…と思ったらそうだ、これ、マリオのゲッソーの動きだ。


この飛行物体が最大で150kgにもなるというエチゼンクラゲサイズで実現したら…と考えるといずれはリアル空飛ぶスパゲッティモンスターも夢ではないような気がしてきますね。




…とざっくり論文紹介はここまでで、別のお知らせです。一部サイズ切れでお待ちいただいていたハナアルキTシャツの増産分が先ほど届きました。お待ちいただいていた皆様には順次お送りいたします。また、ナゾベームライトピンクもなかなか好評だったので増産しました。

新作ナゾベームTシャツ
nasobema-y.jpgnasobema-p.jpgnasobema-r.jpg
 ライトイエロー S, M, L, XL
 ライトピンク S, M, L
 ラグラン S
各送料込で3500円、

新作ダンボ2.jpg
ダンボハナアルキTシャツ(S, M, L, XL)送料込で3500円です。
ダンボハナアルキ&ナゾベームセットでお求めいただける方は2枚で6000円に割引いたします!

通販ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご希望のサイズとカラー、送付先のご住所をメールにて hiiay.kamefuji@gmail.com までお知らせくださいませ!
posted by 亀藤 at 02:30| Comment(1) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

鼻行類Tシャツ通販について

大晦日のC85にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
おかげさまで新刊&新作コラボTシャツともに大好評で、沼ともども大変嬉しく思っています。

新刊については完売してしまい、沼がただいま全力で増刷中だと思うのですが、Tシャツについてはまだいくらかの在庫がございます(在庫を超える注文が来ても増産予定ですのでガンガンご注文ください)。

ナゾベーム_表.jpgフジツボモドキ_裏.jpg

nasobema-y.jpg

nasobema-p.jpg

nasobema-r.jpg


新作ナゾベームTシャツ
ライトイエロー S, XLサイズ、 【M・L増産中!】
ライトピンク 【S, M, L増産中!】
ラグラン Sサイズ

新作ダンボ2.jpg
旧作ダンボハナアルキTシャツ(S, M, L, XL)
いずれも送料込で3500円とさせていただいております。

通販ご希望の方がいらっしゃいましたら、ご希望のサイズとカラー、送付先のご住所をメールにて hiiay.kamefuji@gmail.com までお知らせくださいませ。ライトピンク・ラグランはともにSサイズのみの在庫となっておりますが、時間がかかってもよろしければ増産可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
posted by 亀藤 at 22:33| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

コミックマーケット85報告&「斜論」通販案内

コミックマーケット85
新刊「生物学論文紹介集 斜論 Vol.7」完売いたしました。
ブースにお越しの皆様には心より感謝申し上げます。
本年は所長多忙のため、ブログ記事が主な活動になると思います。よろしくお願い申し上げます。

IMGP2320.jpg

ブース内の様子。
本7種類&Tシャツで、だいぶ窮屈になってきました。
陳列の仕方を工夫しなければいけませんね・・・

続いて、「生物学論文紹介集 斜論」の通販についてご案内いたします。
現在、以下の7種類を取り扱っております。
全てフルカラーのコピー誌、ページ数は60-80ページ程度です。
内容は、(基本的に)査読済みの学術論文をゆるく真面目にレビューしたものです。
難易度は高校生くらいです。

既刊紹介.jpg

Vol.1の試し読みはこちら
Vol.3の試し読みはこちら
Vol.6の試し読みはこちら
Vol.7の試し読みはこちら

通販希望の方は、まず、メールで沼宛(hi_iay_mbl☆yahoo.co.jp)にお問い合わせください(☆を@に変えてください)。ご連絡いただきましたら、通販の手続きについて返信いたします。
現在、Vol.7だけ品切れですが、10日ほどで準備いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

なお、鼻行類Tシャツの通販についてはかめふじ宛(hiiay.kamefuji☆gmail.com
)でお願いします。
Tシャツの通販の詳細については、別途、かめふじ氏よりアナウンスがあります。
よろしくお願い申し上げます。
posted by 沼 at 16:41| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

【宣伝】コミックマーケット85直前告知

来週はコミケですよ〜
ハイアイアイ臨海実験所では新刊「斜論7号」の準備を進めています。

「斜論7号」のトピックスはこんな感じです。
カブトエビ類のさまざまな生殖戦略
K-T大量絶滅と被子植物の進化の関係
・異なる大型肉食恐竜が共存する条件
バナジウムホヤを巡る壮大な物語
・シロアリの巣に寄生する糸状菌類の擬態戦略

・ナゾべー子の漫画(作:ロコウさん
フルカラーB5のコピー本で、一冊500円です。
試し読みはこちら

当日は既刊も多めに持っていきます。
既刊の内容はこんな感じ↓です。ウィルスから恐竜までいろいろあります。

ハイアイアイ臨海実験所s.jpg

Vol.1の試し読みはこちら
Vol.3の試し読みはこちら
Vol.6の試し読みはこちら

すてきなTシャツも売られるので、
ハイアイアイ臨海実験所(12/31 西ふ09-b)にぜひお越しください。
posted by 沼 at 01:04| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

【新作】ナゾベームTシャツ登場!

以前お知らせした比類なき博物系Tシャツブランドパイライトスマイルさんとのコラボ『ヒメナゾベームTシャツ』がついに完成です!

nasobema-y.jpg

ライトイエローベースにブラウンのヒメナゾベームがかわいいですね! ライトイエロー(S, M, L, XL)


nasobema-p.jpg

コミケ会場限定でピンクカラーバージョンも小数制作しています! ライトピンク(S, M, L)


nasobema-r.jpg

同じく会場限定でラグランTシャツバージョンも小数生産!寒い冬には袖のあるインナーが嬉しいですね!! ラグラン(S, M)


というわけでハイアイアイ臨海実験所久しぶりの新作ハナアルキTシャツをよろしくお願いします!

P.S. ダンボハナアルキTシャツもわずかながら在庫がございます!こちらもよろしくお願いします!
新作ダンボ2.jpg

posted by 亀藤 at 17:48| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

【宣伝】コミックマーケット85

2013年12月31日開催の、コミックマーケット85(3日目)に「ハイアイアイ臨海実験所」参加いたします。
ブースは西ふ-09bです。
頒布物は、新刊の「斜論 生物学論文紹介集 Vol.7」(鋭意製作中、内容についてはのちほどアナウンスします)、
これまでの斜論の既刊(Vol.1〜6)、
ダンボハナアルキ骨格Tシャツです。

斜論Vol.1の試し読みはこちら
Vol.3の試し読みはこちら
Vol.6の試し読みはこちら

斜論を読んで、サイエンティフィックな新年を迎えましょう。
posted by 沼 at 11:28| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

【論文】Forever Love:最古の『腹上死』化石

亀藤です。

今日はステキな論文を見つけてしまったので報告いたします。

Forever Love: The Hitherto Earliest Record of Copulating Insects from the Middle Jurassic of China.
Li S, Shih C, Wang C, Pang H, Ren D (2013)
PLoS ONE, 8(11): e78188. doi:10.1371/journal.pone.0078188


論文のタイトルは読んでそのまま、Forever Love。

続きを読む
posted by 亀藤 at 23:36| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

【新作】ナゾベームTシャツ制作開始!

亀藤です。冬コミに向けて新作鼻行類Tシャツの作成を告知いたします。

ナゾベーム_表.jpg
今回は比類なき博物系Tシャツブランドであるパイライトスマイルさんの協力を得て、とても可愛らしい手乗りヒメナゾベームです。

ヒメナゾベームは最初 Bromeante de Burlas によってナゾベーム属 Nasobema とは別属の Stella matutina として記載されました。その後研究が進み、Stultenによってナゾベーム属に移されますが、その際に何故か Nasobema morgensternii と種小名まで変更されています。この場合、国際動物命名規約の先取権の原則に従いヒメナゾベームの学名は Nasobema matutina (Bromeante de Burlas) となるはずです。

先取権の原則の例外的措置としては有名な例ではティラノサウルスが知られています(その詳しいいきさつはコチラ)。学名の決定においては、ある人物の功績に敬意を表してその人物の名前を入れることがあり、それを『献名』と言います。種小名に献名された場合には最後を『人物名+i(いくつかバリエーションあり)』とする決まりがあります(例えばDarwinの例など)。なので、ヒメナゾベームの新学名 Nasobema morgensterniiは Morgensternさんの何事かの功績に敬意を表した命名であると考えられます。鼻行類の引用文献リストを調べてみると、確かにMorgenstern氏の本が引用されています。

Morgenstern, Chr. (1905) Galgenlieder B. Cassirer - Berlin.

日本語に直すと…
モルゲンシュテルン (1905) 絞首台の歌. カッシーラー社(ベルリン).

鼻行類の序論において、このモルゲンシュテルン氏のナゾベームのことを歌った詩が引用されています。

たくさんの鼻で立ってゆっくりと
ナゾベームは歩く,
自分の子供たちをひき連れて.
まだブレームには載っていない. (注:ブレームの動物誌)
まだマイヤーには載っていない. (注:マイヤー大百科辞典)
そしてブロックハウスにも. (注:ブロックハウス大百科辞典)
それは私の竪琴から
はじめてこの世に現れた.
それ以来(上に述べたとおり),
たくさんの鼻でゆっくりと,
自分の子どもを引き連れて,
ナゾベームは歩く.

おそらくこの詩が鼻行類に関する初めての記述であろうと述べられています。

動物命名法国際審議会による『先取権の原則の例外措置』への強権は、学名の安定性に不都合が生じ、それまで広く一般に受け入れられていたよく知られる学名が、出自の怪しい学名によって覆されることもあり得る場合に発動します。ここではモルゲンシュテルン氏の発見・記述の歴史的重要性を評価して、種小名の変更が認められたのかもしれません。

ちなみに裏面にはハイアイアイ臨海実験所&パイライトスマイルさんによるオリジナル鼻行類フジツボモドキのかわいいイラストが首元にプリントされる予定です。
フジツボモドキ_裏.jpg

そんなわけで新作ヒメナゾベームTシャツもよろしくお願いいたします!

イメージ図
omotemihon.jpguramihon.jpg
posted by 亀藤 at 22:08| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

【宣伝】生きものまーけっと(なまけっと)

来たる11/2(土)、
東京は浅草橋の東商センターにて、生き物系創作イベント「生きものまーけっと(通称なまけっと)」が開催されます。
我らがハイアイアイ臨海実験所も参加します。是非お越しください(新しい世界の扉を開きに・・・)。
新刊作ろうと思ってましたが、所長多忙のため作れませんでした。
これまでの斜論の既刊(Vol.1〜6)を頒布します。

「生きものまーけっと」のサイトはこちら

ハイアイアイ臨海実験所s.jpg

生物学論文紹介集「斜論」の内容はこんな感じです。ウィルスから恐竜までいろいろあります。
Vol.1の試し読みはこちら
Vol.3の試し読みはこちら
Vol.6の試し読みはこちら

namaket.jpg

大きいポスターはこちら
posted by 沼 at 17:51| Comment(3) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする