CANA1W37_02.jpg
生物学論文紹介同人サークル「ハイアイアイ臨海実験所」です。
ここでは、気になった学術論文を紹介したり、同人活動を告知したりします。

2013年03月25日

【論文】フジツボ類とアッキガイ類の競争的進化

沼です。
前回の記事に引き続き、蔓脚類(広義のフジツボ類)の防御戦略に関わる論文の紹介です。

Predation and parallel evolution: recurrent parietal plate reduction in balanomorph barnacles.
Palmer, 1982.
Paleobiology, Vol.8(1), 31-44.
PDFこちら

論文タイトルは、「捕食と平行進化:フジツボ亜目で周殻の減少が繰り返し起きた」という感じ。
巻貝類がどのようにしてフジツボを捕食するか、フジツボはどのような防御戦略で捕食に対抗しているか。
結論として、フジツボと巻貝の間で競争的な進化が起きているのではないか。
そんな話です。


続きを読む
posted by 沼 at 19:43| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ナゾベー子、発見される

先日、博物系Tシャツを製作されているパイライトスマイルさんと、荒川へフジツボ狩りに行きました。

IMGP1981s.jpg
ぜんぶタテジマフジツボ類

この辺りは、むきだしの基質にフジツボが付着していることが少なく、あまりいい場所でなかったので、
今度(が あれば)は、もうちょっと場所を検討します。


その後、パイライトスマイル店長の小毬かのんさんより、当実験所のナゾベー子(現地研究員)の写真が届きました。

nazobeko.jpg

アッ、これは正統ハイアイアイ流とりもち術ですね・・・

一体どうやってナゾベー子を見つけたのか分かりませんが、
写真をご提供いただきありがとうございました。

パイライトスマイルさんのウミサソリTシャツはいいですゾ〜

鼻行類―新しく発見された哺乳類の構造と生活 (平凡社ライブラリー) [新書] / ハラルト シュテュンプケ (著); Harard Stumpke (原著); 日高 敏隆, 羽田 節子 (翻訳); 平凡社 (刊)
posted by 沼 at 20:07| Comment(2) | ナゾベー子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

【論文】臭素をためるケハダエボシ類

沼です。

ブログでの論文紹介は長いことかめふじ氏に任せきりだったのですが、ここで一発、何事もなかったかのように論文紹介かまします。

Some insights into how barnacles survive as sessile organisms.
Buckeridge and Reeves, 2009.
Integrative Zoology, Vol.4, 395-401.
PDFこちら

論文タイトルは、「フジツボは付着生物としてどのような生存戦略をとっているのか」といった感じ。
特に、ケハダエボシ類という超マイナー生物の化学的防御の発見について詳述されています。

続きを読む
posted by 沼 at 20:53| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

【論文】ハロー・ジャガー

かめふじです。またまた久しぶりの更新になりましたが、今日紹介する論文はコチラ。

Jaguar Panthera onca predation of marine turtles: conflict between flagship species in Tortuguero, Costa Rica.
Veríssimo D, Jones DA, Chaverri R, Meyer SR. (2012)
Oryx, 46(3), 340-347.


中米コスタリカでのジャガーによるウミガメ捕食について


続きを読む
posted by 亀藤 at 11:33| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

ハイアイアイ臨海実験所、また浮上せず(コミックマーケット83)

コミックマーケット83ですが、また落選しました。

新メンバーも加えて、満を持して斜論Vol.6を刊行しようと思っていたのですが、残念であります。
1年以上、新刊を出さないというのもナニですし、頒布機会はコミケだけではないので、コミケとは無関係に、近いうちに斜論Vol.6の刊行を目指そうと思います。
posted by 沼 at 11:55| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

「しんかい」出展報告

さる10月14日、「しんかい−深きものども−」なる、深海中心・生物作品展示即売会に出展してまいりました。

IMGP1783s.jpg
卓の様子


コミケと違って会場の雰囲気がまったりゆったりとしており、さすがは深海であるなあ、と感じ入りました次第。
なんだかバージェス動物群が人気あるようですので、次回はバージェスを・・・などと言って絶対に公約を守らないのがハイアイアイ臨海実験所なので、次回の論文紹介本も、需要のなさそうな記事で構成されると思われます。


IMGP1784s2.jpg
戦利品はこんな感じです。

カンブリ屋さま
花札風アノマロカリスのバッヂ、アノマロカリスのクリアファイル

すきすきすきんくさま
チンアナゴのバッヂ

有麟堂さま
メンダコの瀬戸物

荒野に叫ぶアイツの部屋さま
ギンザメやクジラや女の子の漫画

栄光のわらじ叢書さま
タコの絵本


一般参加の方も、サークル参加の方も、おつかれさまでした。
第二回がありましたら、また是非参加したいと思っとります。

posted by 沼 at 19:37| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

即売会「しんかい」(10/14)出展します

きたる10/14、
秋葉原で開催される「しんかい−深きものども−」という、深海中心・生物作品展示即売会に出展いたします。
既刊のみの販売となります。よろしくお願いいたします。


サークルカット.jpg
公式サークルカット


しんかい即売会サークルカットラフ01s2.jpg
非公式な公認サークルカット

posted by 沼 at 14:15| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

【論文】ウミガメのご先祖さまたち

亀藤です。ウミガメネタが続きますが、そこはまぁ僕の趣味なのでホラ、なんというか。今回紹介する論文は少々古いものですがコチラ↓

Phylogenetic systematics of chelonioid sea turtles.
Hirayama 1994
The Island Arc, 3, 270-284.


ウミガメのご先祖さまたち。


続きを読む
posted by 亀藤 at 17:29| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

【論文】ウミガメの雑種

ご無沙汰しております、亀藤です。半年ぶりの論文紹介となってしまいました。夏コミ落選も日頃の怠慢が祟ったものではないか、と思いボチボチ活動を再開したいと思います。今日紹介する論文はコチラ、

Nuclear markers reveal a complex introgression pattern among marine turtle species on the Brazilian coast
Vilaça et al. 2012
Molecular Ecology, 21(17), 4300–4312.


ウミガメの雑種


続きを読む
posted by 亀藤 at 18:14| Comment(0) | 論文紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

ハイアイアイ臨海実験所浮上せず(コミックマーケット82)

コミックマーケット82、落選しました。

今回、当実験所が海底から浮上できなかった原因として、「フジツボの付きすぎによる重量過多」が考えられます。
現在関係者に事実関係の確認をしております。
posted by 沼 at 19:12| Comment(0) | 同人活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする